昨日の記事の続き

このまま、各言語のインタラクティブモードの補完機能について書いてけば、
しばらくネタに困らないので続けよう。

今回はPythonです。

pythonの場合、引数なしで起動すればインタラクティブモードになりますが、
下記のようにrlcompleterをimportすることで、補完機能が使えます。
ただし、readlineライブラリが必要です。Linuxとかなら、yum install pythonで普通に入るようです。

PYTHON:
  1. $ python
  2. >>> import rlcompleter
  3. >>> rlcompleter.readline.parse_and_bind('tab: complete')
  4. >>> di [TAB]
  5. dict    dir     divmod
  6. >>> di

Windowsの人は、Python Alternative Readlineをインストールするのが楽だと思います。

若干、通常のreadlineと挙動が違うのがアレですが・・・。

参考サイト