Ruby自身のデバッガだと、任意のタイミングでアタッチしてbacktrace見るといったことができない(はず)なので、もっと低レベルのデバッガを利用して、それを実現する方法についてメモ。今回はJRubyに対してjdbでアタッチ&backtraceする方法についてのメモです。
なお、CRubyの場合は、以前の記事とか、さらにその先のリンク先を見れば良いです。
ちなみに、今回試したJRubyのversionは以下の通り。OSはCentOS 5.3です。

$ jruby --version
jruby 1.3.1 (ruby 1.8.6p287) (2009-06-15 2fd6c3d) (Java HotSpot(TM) Client VM 1.6.0_16) [i386-java]


jdbによるbacktrace



まず、アタッチ対象例のRubyコードとして以下を用意。

sample.rb

RUBY:
  1. def foo
  2.   p "abc"
  3.   bar
  4. end
  5.  
  6. def bar
  7.   p "foge"
  8.   sleep(1000)
  9. end
  10.  
  11. abc

そして、デバッガattach用のポートを開けて起動します1

$ jruby -J-Xdebug -J-Xrunjdwp:transport=dt_socket,address=8000,server=y,suspend=n sample.rb

barメソッド内のsleepの実行をしているうちに、別のターミナルを開いてjdbでアタッチし、スレッドを停止させます。

$ jdb -attach 8000
> suspend
すべてのスレッドが中断されました

そして、backtraceを表示させます。以下の方法で大体表示できます(いい加減なやり方ですが)。

> threads
グループ system:
  (java.lang.ref.Reference$ReferenceHandler)0x9db Reference Handler 状況待機中
  (java.lang.ref.Finalizer$FinalizerThread)0x9da  Finalizer         状況待機中
  (java.lang.Thread)0x9d9                         Signal Dispatcher 実行中
グループ main:
  (java.lang.Thread)0x1                           main              状況待機中
> thread 0x1
main[1] where
  [1] java.lang.Object.wait (ネイティブ メソッド)
  [2] org.jruby.RubyThread.sleep (RubyThread.java:718)
  [3] org.jruby.RubyKernel.sleep (RubyKernel.java:725)
  [4] org.jruby.RubyKernel$s_method_0_1$RUBYINVOKER$sleep.call (null)
  [5] org.jruby.internal.runtime.methods.JavaMethod$JavaMethodN.call (JavaMethod.java:620)
  ...(以下略)
main[1] up 4
main[5] locals
メソッド引数:
context = instance of org.jruby.runtime.ThreadContext(id=2527)
self = instance of org.jruby.RubyObject(id=2528)
clazz = instance of org.jruby.MetaClass(id=2529)
name = "sleep"
arg0 = instance of org.jruby.RubyFixnum(id=2531)
block = instance of org.jruby.runtime.Block(id=2532)
ローカル変数:
main[5] dump context.frameIndex
 context.frameIndex = 2 #frameStackの上限(たぶん)
main[5] dump context.file + ":" + context.line
 context.file + ":" + context.line = "sample.rb:7" #現在位置
main[5] dump context.frameStack[2].fileName + ": " + context.frameStack[2].name + ":" + context.frameStack[2].line
 ...(省略)... = "sample.rb: bar:2" #1つ前のスタックフレーム
main[5] dump context.frameStack[1].fileName + ": " + context.frameStack[1].name + ":" + context.frameStack[1].line
 ...(省略)... = "sample.rb: foo:10" #2つ前のスタックフレーム
main[5] dump context.frameStack[0].fileName + ": " + context.frameStack[0].name + ":" + context.frameStack[0].line
 ...(省略)... = ": null:0" #トップレベル

以上になります。

  1. ここの「Debugger」の項目を参考にオプション設定しました。 []